大連―日本、ロシア、中国が作り上げた街

日本に住む中国人は増加の一途をたどりその数は六十五万人を突破しましたが、近年新しく移住してきた中国人のうち東北地方、特に大連出身者がかなりの割合を占めるそうです。

これは大連と日本が明治以降特別深い関わりを持ったことに起因します。今回は遼寧省大連市で日中の近代史に触れる旅行にご招待します。

大連は中国東北地方の入り口、朝鮮半島の付け根にある遼東半島の先端に位置します。歴史の授業で習った遼東半島を覚えていますか?1895年日清戦争に勝利した日本が清国に割譲を要求しますが、ロシアなどの三国干渉でやむなく領有を諦めた土地です。

ところがその三年後にロシアが遼東半島の先端を租借し、ダルニーと名付けました。これに怒った日本は日露戦争後のポーツマス条約で当地を租借し、大連と改名しました。大連は中国日本ロシアが入り乱れる街なのです。

 

それでは大連で日本やロシアの面影を探しましょう。

大連の中心に中山広場という巨大なロータリーがあります。これは元々ロシアが建設したもので、ここを中心に放射状に伸びる道路は大連の都市設計の基礎になりました。

碁盤の目のように道路が交差する中国の伝統的な都市との違いは一目瞭然です。十本もの大通りを束ね、ヒト、モノ、カネが集中し離散していく様は都市の躍動感を肌で感じさせてくれます。

中山の名前は言うまでもなく孫中山、すなわち孫文を表します。

ロータリーを建設したロシアでしたが、ロシアが実際に大連を統治したのは日露戦争までの五年弱に過ぎず、周囲の官公庁や銀行など大きな施設はほとんど日本が建設しました。

官公庁として最初に建設されたのが旧民政署です。赤煉瓦の壁で中央に時計塔を配したデザインで、どこか北欧を思わせる見た目です。現在は遼寧省の貿易庁が使用しているそうです。

民生署より更に目立つのがヤマトホテルです。

大連こちらも洋風建築ですが、なんといっても客室数115という当時としては圧倒的な巨大さに驚かされます。現在も大連賓館としてそのまま使われており、近代国家としての誇りを持ち始めた当時の日本の雰囲気を味わうことができます。

ちなみにここ大連は終戦後日本からソ連が引き継いで十年間統治したため国共内戦の影響受けずに済み、そのためこうした歴史的価値のある建築群も破壊されることなく今に至っています。

また大連の郊外には日露の激戦地として有名な旅順があります。小高い丘の上から旅順港を一望でき、秋山真之将軍が古い船を海底に沈めてロシア軍の軍艦の港内進入を防いだという戦術の素晴らしさを地形の面から確認できます。

さらに一番激しい攻防戦が行われた203高地には現在記念碑が建っており、乃木希典将軍の揮毫で「爾靈山」、つまり爾(=汝)の霊の山と刻まれています。先人の霊に手を合わせて今の平和に感謝してみてはいかがでしょうか。

侵略だ軍国主義だと叩かれることの多い戦前の日本ですが、その一方で今の中国人がこうした日本やロシアの作り上げた都市設備を大切に守り、使い続けていることも事実です。大連を訪れて日本と中国の関わりをいろんな面から考えてみるのも面白いでしょう。

大連

南京―孫権から孫文まで、歴史上の大スター勢揃いの街

中国は歴史上何度も王朝が変わっており、その度に都も変わっています。では歴史上王朝の都になった回数が一番多い街はどこでしょうか。

答えは南京です。南京は十国の都と呼ばれるように、三国志の呉や洪武帝の明朝、さらには太平天国や中華民国など数々の支配者が君臨した街なのです。

南京 ではそんな南京で古代から近代まで中国の歴史を一度に体感してみましょう。

まずは中国の歴史をおさらいするために南京博物院を参観しましょう。南京博物院は北京の故宮博物院と並ぶ巨大博物館ですが、国立なので参観は無料です。

大中華帝国は地大物博の国、という面子は今も根強く残っています。そもそも南京博物院が建てられたのも、ここ南京を首都とする中華民国がその威厳と正統性を誇示するためです。

そのため収蔵品は本当に豪華絢爛です。歴代王朝の高官の衣装などは華やかで見ているだけで楽しくなります。三国時代の遺物から日中戦争の遺品まで、日本人が興味を持ちそうな品物が全て揃っています。

また南京博物院の建物自体も明朝のもので、漢民族王朝の威風を今に残しています。さらに南京博物院がある公園の入り口の門は中山門といい、歴史の教科書に出てくる日本軍南京入城の写真の場所だそうです。展示物だけでなく、場所自体が歴史の生き証人なのです。

さて歴史の復習も済んだので都を巡ってみましょう。先ほどの博物院からほど近いところに明故宮公園があります。

明故宮とは明朝の宮殿跡のことです。残念ながら宮殿そのものは消失していますが土台が残っており、宮殿の間取りが詳しく記されているので当時の皇帝の生活を垣間見ることができます。

南京

また現在は公園として整備されているので市民の憩いの場になっており、近所のご老人が凧を揚げたり独楽を回したりしています。こういった遊びを正月ではなく普通の日に、また子どもではなく老人が行っているのも中国らしい風景ですね。

お次は中山陵です。これは中国で国府として崇められている孫中山、すなわち孫文のお墓です。小高い丘の上に石造りの巨大なお堂がそびえ立ち、正に南京の象徴と言える存在です。

孫文は数千年に及ぶ皇帝による支配体制を終わらせ、近代的な国民国家である中華民国を打ち立てた功績で知られています。

その孫文が自ら制定した首都南京で、皮肉なことですが、まるで皇帝のように祀られています。

墓に入ったら墓標の裏側に注目してください。通常墓標の裏には生前の輝かしい功績を書き並べるものですが、孫文の墓標には何も書かれていません。

伝説によると墓標製作を依頼された石工は、孫文の功績があまりにも偉大すぎるので書き表すことができず、空白のまま残すことにしたそうです。空白であることにも意味があるのです。

またお堂の入り口には孫文の言葉が刻まれています。三つに別れた入り口にそれぞれ民族、民権、民生とあります。

これは中華民族、国民主権、国民の生活の三つを最重視する孫文の三民主義の精神です。お堂の上に書かれている天下為公という言葉は孫文が礼記から引用したもので、天下は公民のためにある、という意味です。

孫文の思想はその後の中国の指導者全ての指針となっています。

古代から近代まで数多くの人物が夢見た都、南京。あなたも皇帝になった気分で都入りを果たしましょう。

嘉興―荒々しい大自然の驚異と貴族の風流を併せ持つ小都市

川の水は海へ向かって流れる。常識ですね。ところがここは中国、日本の常識が通用しない国です。今回は海水が川を逆流する驚異と神秘の街、浙江省嘉興(かこう)市をご紹介します。

嘉興市

嘉興は上海のすぐ隣にあり杭州方面の電車に乗ればわずか数分で到着します。上海の近くを流れる銭塘(せんとう)の河口に位置する小さな街です。

銭塘は対岸が霞んで見えるほど大きな川で、普段は絶えることのない穏やかな流れが中国の遥かな大地を思わせる立派な大河です。

しかし毎年旧暦八月の満月の日だけ何かの復讐と言わんばかりに突然海水が猛烈な勢いで銭塘に逆流してきます。

これが嘉興の海嘯(かいしょう)です。周辺の複雑な地形と大潮が銭塘へ向かう海流を形成するそうです。海嘯の力は凄まじく、河口の堤防を軽々と乗り越えて一面水浸しにしてしまいます。

日本人には想像もつかないような光景に圧倒されること確実です。地元民はギリギリまで近づいて水に打たれるのを楽しんでいますが、慣れない旅行者はくれぐれも安全に気をつけて離れたところから鑑賞してください。

なお同様の現象はアマゾン川でも見られるそうですが、地球の裏側のブラジルより嘉興の方が遥かに行きやすいですね。

まるで台風のような恐ろしい自然現象のお話をしましたが、嘉興には雅な一面もあります。

銭塘から少し離れたところにある南湖という湖は、杭州の太湖や蘇州の西湖のように雄大な景色を眺めて平和な時を過ごす名勝地です。

柳が垂れる湖岸に腰掛けて湖に浮かぶ船を眺める。なんと風流な景色でしょう。

ところでその湖に浮かぶ屋根付きの小さな木造船をよく見てください。南湖紅船という名前がついています。

ここでいう紅とは中国共産党のことで、南湖紅船は1921年に毛沢東らが第一回共産党全国代表大会を開き、中国共産党の成立を正式に発表した記念すべき船なのです。そのため南湖は革命発祥の地とされており、南湖紅船は別名革命記念船とも呼ばれています。

何かと怖いイメージがつきまとう中国共産党が、しかも非合法組織として地下活動を行っていた時代にまるで往時の貴族のような風雅を持ち合わせていたなんて少し意外ではないでしょうか。

ところで嘉興は嘉興粽子と呼ばれるちまきでも有名です。ちまきは国や地域によって形も味も全く異なります。例えば狭い台湾でも北と南では作り方が違いますし、日本のちまきに至っては甘いお菓子になっています。

粽

嘉興はもち米を三角形に詰めて茹で上げた中華ちまきの発祥地です。醤油漬けの豚肉や豆、煮卵を入れたものもあり、かなり濃い味付けなのに重たくはない絶妙の味加減です。多くの店が自慢のちまきの味を競い合っているので一個ずつ買って食べ比べてください。

嘉興は一見目立たない地方都市ですが、実は多くの側面を合わせ持つ魅力に溢れた街です。旅行や仕事で上海へお越しの際は、是非お隣の嘉興まで足を伸ばしてみてください。

福州―中国では有名な老街「三坊七巷」を擁する街

中国語に老街という言葉があります。伝統的な建物が残る旧市街のことです。戦前の面影を残す台湾の九份老街などは日本でも有名ですね。
もちろん中国にも老街がたくさんあります。今回は中国では有名な老街の一つ三坊七巷を擁する街、福建省の福州をご紹介します。

福州

中国の老街は「老」のレベルが違います。ここ三坊七巷の街が形成されたのは唐代。八世紀中頃の安史の乱を避けて儒学者たちが移り住んだのが始まりで、悠に千二百年以上の歴史を誇ります。
三坊七巷には当時の街並みが残っているのです。八世紀といえば日本が盛んに遣唐使を派遣していたころです。阿倍仲麻呂が見ていた景色をこの二十一世紀に自分の目で直接見られるのです。

早速三坊七巷を散策しましょう。古民家の並ぶ路地を抜けると中心の南後街に入ります。
南街は街並みの美しさもさることながら福州の美食が集まっていることでも有名です。地元民の友人に教えてもらった福州料理の中で特に美味しかったものを厳選してご紹介します。

まず絶対に外せないのが肉燕です。豚肉と魚肉を混ぜた餡入りのワンタンです。プリップリの食感がたまりません。

次に魚丸もお勧めです。魚丸とは魚のすり身団子のことですが、福州魚丸は団子の中に肉の餡が入っているのが特徴。こちらも肉と魚を両方味わえる贅沢な料理です。

喉が乾いたら橄欖汁を飲みましょう。橄欖とはオリーブのことで、橄欖汁はオリーブのジュースです。オリーブってどんな味か想像できますか?
甘酸っぱいすっきりした味わいです。油を取るだけじゃなかったんですね、オリーブ。

お腹が満たされたところでもう一度南後街の街並みを見渡してください。木造二階建ての伝統的な建物に赤い提灯を吊るしていかにも中国風ですが、正面の屋号をよく見ると「星巴克咖啡」。これ、スターバックスコーヒーです。
もしも唐代にスタバがあったら、という空想を見事に現実化しています。もう一つ同じような木造家屋にどこか見覚えのあるMのマーク…。そうですマクドナルドです。マクドもしっかり唐代仕様です。

また南後街にはお茶屋さんもあります。福建省は烏龍茶の産地として有名ですね。烏龍茶もぜひ飲んでいただきたいところですが、ここ福州はジャスミン茶の名産地でもあります。
ジャスミンといえばディズニー映画アラジンのヒロインの名前ですし、昨今のジャスミン革命などもあって中東のイメージが強いと思います。

実際ジャスミンはアラブからムスリム商人を介して中国に伝わりました。泉州の項目でもご紹介したように、福建省はアラブ世界と中国の交差点です。

ジャスミンティー
アラブのジャスミンと中国のお茶がここ福州で出会い、香り高いジャスミン茶が誕生したのです。ぜひここ福州で二つの文明が織り成す香りを楽しんでください。

福州は日本ではあまり有名な観光地ではありませんが、千年もの長きにわたって伝統文化をしっかり受け継いできた街なのです。
あなたも日出ずる国を飛び出して、壮大な歴史ロマンを肌で感じてみませんか。

大型荷物について

ところで、大きな荷物を送るときに、どうしたらいいか悩んだことはありませんか。
中国への海外赴任などで、そのような悩みを抱えている人も多いと思います。そこでこんなサイトをみつけました。

海外にいる家族や友人に荷物を送る場合や、またはネットショップを経営していて、海外への発送も受け付けているなど、外国に大きな荷物を送る機会は意外とあるものです。

引用元:荷物を送る。宅急便より安い料金で、大型荷物を送る方法!

この記事では、飛脚国際宅配便をはじめとした、海外への大型荷物を輸送法のほか、国内での大きな荷物を送るやり方が網羅されています。
もし、海外赴任で中国に荷物を送りたい、あるいは国内でもなにか大型荷物の悩みがあれば参考にどうぞ。