コロンス島(鼓浪嶼)―廈門一番の見所をのんびり散策

中国というと何を連想するでしょうか。万里の長城、兵馬俑、あるいは三国志など、数千年に及ぶ歴史を思い浮かべる人が多いと思います。

そんな中国ですが、実は西洋風の近代建築が立ち並ぶ街もあります。今回は中国とヨーロッパが融合する不思議な街、廈門(アモイ)をご紹介します。

廈門は福建省最大の街で、成田空港や関西空港からも廈門国際空港行きの直行便が就航しています。ちなみに廈門空港は日中戦争中に日本軍が建てた空港で、当時は日本領だった台北からの定期便がありました。廈門は日本とも縁の深い街なのです。

コロンス

廈門で一番の見所はコロンス島(鼓浪嶼)です。島中全てが昔の洋館という中国らしからぬ街並みは見逃せません。廈門自体が一つの島(廈門島)ですが、コロンス島はそのすぐそばに浮かぶ小さな島で、廈門市街地から渡し舟がひっきりなしに往復しています。

レンガ

アヘン戦争後の南京条約で廈門が開港されて以降英国をはじめ各国が進出し、この地にこぞって領事館を開設しました。

まずは英国領事館を見てみましょう。赤いレンガ造りのお洒落な建物です。香港の旧警察署のように、レンガ造りの英国建築は百年経っても少しも色褪せない気品があります。

次は日本領事館です。1898年に完成した、こちらもレンガ造りの荘厳な建築です。東京駅や鹿鳴館のように、当時の日本は文明開化の象徴として西洋風の建物を盛んに建設していました。そのためすっかりコロンス島の街並みに溶け込んでいます。

この他にも薄い青色の壁が可愛らしいドイツ領事館も残っており、今は改装されてレストランになっています。

さて少し歩き疲れたので休憩しましょう。島内には洋館をそのまま利用したカフェなどがたくさんあります。

廈門など中国南方では西米露というサゴ椰子とココナッツミルクを使ったデザートをよく見ます。小さい粒なのにしっかり弾力のあるサゴ椰子と上品な甘さのココナッツミルクが合わさった飽きない美味しさです。

コロンス

また島内の露店では椰子の実にストローを挿して売っており、海を見ながら椰子ジュースを飲むというリゾート気分も味わえます。さらに金銀包という中華まんや牡蠣餅という小粒の牡蠣を使った揚げ物も売っており、ヨーロッパ、東南アジア、中国の雰囲気を同時に楽しむことができます。

日本から四時間で行けるヨーロッパ、廈門。北京や上海のような大都市とは一味違う中国旅行はいかがでしょうか。まるで地中海に浮かぶ島のような街並みをのんびり散策すればあなたもきっと廈門の虜になるはずです。