紹興―魯迅の小説を読みながら紹興酒をいただく贅沢

「わたしは厳寒を冒して、二千余里を隔て二十余年も別れていた故郷に帰って来た。時はもう冬の最中で故郷に近づくに従って天気は小闇くなり、身を切るような風が船室に吹き込んでびゅうびゅうと鳴る。苫の隙間から外を見ると、蒼黄いろい空の下にしめやかな荒村があちこちに横たわっていささかの活気もない。わたしはうら悲しき心の動きが抑え切れなくなった。おお!これこそ二十年来ときどき想い出す我が故郷ではないか。」

魯迅

魯迅の名作「故郷」の冒頭です。中学校の国語の教科書に採用されているので印象に残っている方も多いでしょう。

魯迅といえば清代末期から中華民国初期の中国を鋭い目線で描写した大作家として有名ですが、そんな彼の「故郷」が浙江省の紹興にあります。

紹興は杭州や上海からほど近い小さな町です。町の中心部に魯迅の生まれ故郷があり、魯迅故里として整備されています。

さっそく中に入りましょう。とても伝統的な建物が並んでいます。白い壁に黒い屋根瓦というどこか日本に似ているような気がします。

それもそのはず、紹興など浙江省の建物は江南建築といい、日本の建築はここから多くを学びました。なんだか懐かしい気分になるわけです。

さてそんな美しい街並みの中で一際目立つ家があります。黒い大きな引き戸を開けて観光客に開放されているので中に入ってみましょう。ここは魯迅祖居といい、魯迅の実家だそうです。

「得壽堂」

と大書された広い客間があり、魯迅の一族がもと名家であったことを偲ばせます。

同じ通りに同じような色合いですがコンクリートでできたさらに大きな建物があります。これこそが魯迅故里の目玉、紹興魯迅記念館です。

入り口をくぐれば巨大な魯迅先生像が出迎えてくれます。展示物も見応えがあります。
「藤野先生」や「阿Q正伝」など代表作の原稿、さらには日本留学時代の学校の卒業証書などもあり、魯迅の生涯を詳しく知ることができます。

文学や建築ばかりではつまらないと思う方もいるでしょう。ご安心ください。もちろん紹興にも名物があります。

紹興は言うまでもなく紹興酒の産地です。紹興酒は米から作る醸造酒で、アルコールはおよそ15度、何年も寝かせた老酒になると天井知らずの値段で取引されます。

紹興酒

魯迅故里やその他至る所で売られているので飲み比べるのも良いでしょう。甕を開けると強烈なお酒の匂いがしますが、飲んでみると驚くほどすっきりしており、いくらでも飲めそうな気がしてきます。(とはいえ飲み過ぎにはご注意ください)

お酒があるならおつまみもあります。茴香豆(ウイキョウまめ)はそら豆を茴香という香辛料で炊いたもので、この地方の特産品です。
日本でいう枝豆のような立ち位置ですが、スパイシーな香りで輪をかけてお酒が進みます。茴香豆は「孔乙己」など魯迅の小説にも度々登場します。魯迅故里にはそのまま「孔乙己」という店があり、様々な茴香豆が売られています。

また、「臘腸」という塩辛いソーセージのような食べ物も浙江省の名物で、やはり紹興酒によく合います。お酒好きには天国ですね。

文豪と酒豪の街、紹興。魯迅の小説を読みながら紹興酒をいただくゆったりした中国旅行はいかがでしょうか。